ひらりとにゃおんの家

一人暮らしのアラフォーと茶トラのにゃおんとの日々徒然

2017年03月


にゃおんのおトイレお片付けに使っているアイテムの一部です。


image



にほんブログ村テーマ 猫と暮らすへ
猫と暮らす



奥の白い筒にアルコール除菌シートが入ってます。
近所のスーパーのPB商品で外側のシールを剥がしたら真っ白のボトルだったので
猫シールを貼りました。

手前の青い箱はにゃおんのうんちょすを片づける時に使うビニール袋です。






ネーミングがなんともすごいですが、その名の通り秀逸な代物

スーパーとかでもらってくるビニールでもにゃんこのうんちょすのかほりは突き抜けちゃうくらいですが
これに入れて口をきっちり縛るとまったく!まったく!臭いません
臭い完全カット


で、そろそろ在庫がなくなりそうってことで慌てて昨日Amazonで手配しました。


普段は楽天なんだけど、マラソン開催を待っていたら絶対に在庫が底をついてしまう。
手違いでプライム会員になってしまったAmazonなら送料無料なのでこれだけ発注しました。









Amazonで『うんち 袋』でヒットした検索結果を見ていて「あれ?なんかちがう」ってことに気が付きました。



私が使っているのは青い箱なのに、検索結果に紫の箱が現れた。
そして、すぐに気が付きました。
「猫用」と「犬用」があることに(; ̄Д ̄)


そ、そーいえば、うちの青い箱にはわんちゃんのイラストが入っている
PCのディスプレイに写るのは紫の箱でねこちゃんのイラストが入っている


わたしずっとわんちゃん用を使ってたんだーーーーー
使い始めて数か月、箱のイラストなんて気にも留めてなかったです。


なので、今回のリピ買いではちゃんとねこちゃん用をポチりました。
で、でも、わんちゃん用でも効果は変わらないと思います。


猫のごはんによってうんちょすの匂いは変わるけど、一番きついな~。と感じていたのはロイカナのキトンでした。
他のに変えてから臭いがあまり気にならないんですよね。
あのきつい臭いをきっちりカットしてくれてたのでわんちゃん用でもねこちゃんでもどっちでもいいんじゃないかな~

これからはお値段を比較して安い方を買うことにします。うん


最後に、、、、
自分がまさか『うんち』をネットで検索するようになるとは思ってもいませんでした。



image


ワタシはどっちでもいいのよ~
でも、さっさと片付けてね~~~~













人気ブログランキングへ
















猫とは関係なくTwitterしてるんですけど
そこでこんな情報がありました。

とあるウェットフードに異物が混入されてたみたいです。
詳しくは注意喚起されてる方のツイートをご確認ください。





わがやのウェットはこれではないですが、あげる時は気をつけないと
なぜなら、朝一は寝ぼけまなこでゴハンあげてて視界がぼやけてるので…(´ω`)
異物が入ってても気づかない可能性が…







にゃおんの避妊手術① のつづきです。



指定された時間に動物病院へ電話を入れました。

「あ、にゃおんちゃんのお迎え17時30分以降ならいつでも大丈夫ですよ~」と先生に言われ
ぴったり17時30分に病院へ迎えに行きました。



麻酔が切れたばかりでぼーっとしてるかな?
と思っていましたが、病院のケージの中のにゃおんは意外とすっきりした表情

「ひらりさんが抱えてキャリーに入れてあげてね」ってことで
ケージ奥で縮こまってるにゃおんを抱えてキャリーへ移しました。

その時、ちらりとお腹が見えました。
患部には絆創膏が貼られていました。


「カラーはストレスになるし、猫ちゃんはそれほど傷を気にしないのでそのままでいいよ。」
「でも、絆創膏は最低でも3日間は剥がさないように注意してね」


獣医さんからの説明を聞きながら
(絶対、にゃおんは傷舐めるし絆創膏剥がすのも時間の問題だな)と思っていました。

抜糸は10日後に!
ということで、テンションダダ下がりなにゃおんを連れて帰宅



2017-03-22-11-37-13



にほんブログ村テーマ 猫と暮らすへ
猫と暮らす


そおーっとキャリーから出てきた後は、石油ファンヒーターの前でずっと眠ってました。


ごはんは21時過ぎに!ということでしたがこのころになるとにゃおんの表情がほぐれてきて
瞳に力も戻ってきました。
ごはんを食べると、おトイレで両方とも済ましてくれたのでほっとしていたところ毛づくろいを始めました。
絆創膏周辺は舐めている様子でしたが、剥がすそぶりもなかったので準備した術後服は着せずにそのまま様子を見ることに。
夜も私のベッドにやって来ていつも通りに眠ってました。




しかぁし



事態が急変したのは翌日の夕方

目につく限り、お腹のほうを舐め始めると「おっと、そこやめようね~」って感じで止めてたんですが
ある時ふと、毛づくろいに夢中のにゃおんを見ていると
器用に口に咥えて絆創膏を『ビッ!!』と音立てて剥がしてしまいました。


「うあああああああああ!(((( ;゚д゚)))」



っと、飼い主大声あげちゃいましたよ。
で、患部を舐めてしまうので人間用の絆創膏を貼ったり包帯を巻いてみたりといろいろ対処してみたのですが
ダメですねえ。
貼っても貼っても絆創膏、お口でくわえて剥がしちゃいます。。・゚・(ノД`)


ならば、とクリアフォルダーで自作したカラーを付けてみると
目を真ん丸に見開いて後ずさりしかできません。
最終的にこうなりました。



image



スクール水着を着た茶トラではありません。(´・ω・`)


試行錯誤の末、この術後服なら着てくれました。
これ、わたしの穿き古した裏起毛タイツです。


前後ろ足の部分を適当にはさみで切って頭からすっぽりかぶせただけの物。

実は、医療用の術後服準備していたんです。
でも着せた瞬間から足の力が抜けて横に「ぱたーん」と倒れてしまいます。Σ(´д`;)

歩けない、動けても寝返りのように床をごろごろ転がるだけ。

いろいろ調べてみると猫は背中を覆われてしまうとバランスを崩してしまうらしい。
買った術後服、にゃおんのサイズぴったりしすぎだったようで
ぴっちり背中が包まれた感覚がだめだったよう。
なんとか慣れてもらうよう、時間を空けて着せてみたりトライしてみたけど
歩き方やバランスのとり方をみてると、ケガしそうで
せっかく買った術後服はあきらめることにしました。

タイツバージョンの術後服は身体にまとわりつかないフィット感みたいでぎりぎりセーフでした。
それでも歩くときは低い姿勢でゆっくりゆっくりだし、ずっとしっぽは下がってるし
稼働率はいつもの65%~70%くらい。

にゃおんにとってはストレスでしょうがない代物のようでした。

そんなにゃおんを見守る飼い主も心配でしたねえ。

でも仕事に行ってる間はどうすることもできないので、着てもらうしかありません。

ちなみに、裏起毛タイツ術後服は2度ほど脱いでおられました。(TДT)


1度は深夜目覚めると全裸のにゃおんが隣に寝ているし
2度目は仕事から帰宅すると、上半身脱いだ状態のにゃおんがお迎えしてくれました。


そしてその2度目の時に、自分で抜糸しちゃったらしく4つあった傷口の縫い目が3つに( ̄▽ ̄;)
もう、なんでそんなコワイことするかなーーーーー



術後7日目になると傷も気にしなくなり舐めたりしないので脱がしていつも通り過ごしました。
着ている時、トイレの回数が少なかったのでそこも気になるところだったのです。

いまは無事、抜糸も終えてにゃおん(お腹ハゲてるけど)も飼い主もほっとしているところです。
獣医さんからも「傷口きれいにくっついてるね」ってお墨付きもらえたので。
ただ、「自分で抜糸してました。」って言ったら苦笑いされたけど。



にゃおんの病院は、日帰り手術で2万円(抜糸込)でした。


あ、着れなかった術後服はにゃおんの保護主さんが「うちで使えそう!」ってことで支援フードとともに送りました。
わたしはこれを買ったんですけどね~







うちのにゃおんはダメだったけど、服の機能的には着脱しやすくて良い商品でしたヨ














人気ブログランキングへ




2017-03-22-11-37-03



きゅるん.。o○.。o○.。o○.。o○
なんて音が聞こえてきそうなある夜のにゃおんさん
この翌日朝から病院に連れていかれて手術されるなんて知るよしもありません。



にほんブログ村テーマ 猫な毎日♪へ
猫な毎日♪


にゃおん、今月はじめに避妊手術を受けてました。
そして、やっと抜糸までおわりました。。・゚・(ノД`)
この10日もの間、本にゃんも飼い主もなかなかにストレスな日々でした。
なんかもう、インスタやブログを更新する気もなかったヨ (T_T)


でも、抜糸して落ち着いたので記録としてここに残しておこうと思います。


にゃおんがうちに来て、動物病院へ行くたびに避妊手術の時期を相談していました。

1月に打ったワクチンの時 

獣医さん曰く 「まだ小さいね~ もう少し大きくなってから」

この時体重1.84キロ

2月の真田事件(サナダムシが出た)

獣医さん 「うーん、もうちょっと大きくなってほしい!」

この時体重2.24キロ


で、わたしの休みが調整しやすくかつ、にゃおんの体重も増えているであろうことから
3月になってから手術をすることになりました。


手術当日は2.66キロでした。
先生にはそれでも「体重あるけど見た目小さいし細いねえ」って言われましたけどね。

実はその前ににゃおん発情期きちゃいました。2度ほど(; ̄Д ̄)
推定生後7か月になったばかりのにゃおん、わたしにはまだまだ赤ちゃんにしか見えなくて
発情している期間は本にゃんも身体の変化に理解できてないようで飼い主も見ててけっこうつらかったです。( p_q)



さて、手術の前日夜20時以降絶食となりました。
ふだんからゴハンへの喰いつきが悪いにゃおんのため、この夜だけはシーバのウェットを1パックど~~ん
(いつもは別のウェットを1日1パックあげてます)

ゴハン出しても2時間くらい食べないこともザラなため、即喰いつくものにしました。
カリカリはつられて食べてたけどやっぱり2口程度
翌日夜まで食べられないからなるべくお腹に入れてほしかったんだけどなあ
仕方ないけど時間は決まっているので20時にゴハンを下げる。


お水は手術当日の7時まで。と指示があったのでこれもそのとおり実行
時間になったらキャリーに入ってもらい、病院へ向かいました。


病院に着くと体重測定と飼い主への問診
気になる事とかお話しして、病院が用意してくれていたケージへにゃおんを移動
あっという間にケージのすみっこで固まるにゃおん

夕方に電話してからお迎えに来てね。
ということで、ここで飼い主ができることは一旦終了。

ただ待つ。
ひたすら待つ。

早く夕方になることを願って、ずっと待ってました。



長くなりそうなので次記事につづきます!!








人気ブログランキングへ






↑このページのトップヘ